2015年 春アニメ アニメ

【アニメ】2015年 春アニメ感想③

更新日:

記載作品

・Fate/stay night-UBW 2nd
・プラスティック・メモリーズ
・うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューション
・血界戦線
・アルスラーン戦記

続きです。
今回は結構分割して更新してます。
【アニメ】2015年 春アニメ感想①
【アニメ】2015年 春アニメ感想②

※注意
・流石に全部ではありません。
・全話or継続して視聴した作品のみ。
・微妙にネタバレ有り
・主観的な感想なので、内容に関してはご容赦を。

Fate/stay night-UBW 2nd

感想

原作はPC版でプレイ。ファンディスクも攻略済みです。

原作とはストーリーの進捗が異なりますが、戦闘シーンは胸踊りますね。
原作と同じ戦闘シーンのBGMが流れると、自然と顔がニヤニヤしてしまいます。

私にとって『Fate/stay night』という作品は本当に大好きな作品で、
自分にとっての一番の作品です。それだけ好きな作品のアニメ化は
期待よりも不安が大きいというのが本音。今回のアニメ化は前回と
比べると格段によく出来ていてカッコいいです。
各キャラクターの個性もしっかりと描かれていて魅力的です。
※ここでの前回とはスタジオディーン版

ただ、ストーリーの進捗に関してははっきり言って不満はあります。
進め方に違和感を感じる部分があり「あれ?」って感じる部分がチラホラ。
まぁ、原作厨の好みの問題かな?

最後のアーチャーの笑顔を見た時は、自然と涙してしまいました。
ストーリーの内容も結末も全て知っているのに、あの笑顔だけで泣かされた。
多分それは、初めて原作をプレイし、あの結末までたどり着いた時の感動を
思い出したからでしょう。ホント、いい笑顔しやがって・・・(T_T)

テレビアニメはこれで終了。次は劇場版となる桜ルートの『Heaven's Feel』。
せめて二部構成にして、しっかり作って欲しいけど、どうなることやら(´-ι_-`;)

プラスティック・メモリーズ

感想

オリジナルアニメ作品なので原作はなし。
1話目からとにかく泣かせる気満々のアニメ。

前半は、世界観と主人公ツカサが置かれている状況を、視聴者に分かって貰うための話。
後半から最終話までは、ツカサとメインヒロインでありアンドロイドのアイラのための話。

全体のテーマは重いですが、ラブ・ストーリーとしては綺麗に作って終わります。
が、SF作品としての世界観の設定は、なかなかツッコミどころ満載です。

ギフティア」と呼ばれるアンドロイドは記憶が9年4ヶ月でなくなり復旧不可能。
この設定自体は別に気にならない「そういう設定の話なんだな」で理解するし出来る。

が、ここで登場する「ワンダラー」という設定がなかなかのクセモノです。
期限が過ぎたギフティアは、記憶がなくなり本能的な行動しかできなくなり、
身体的なリミッターが解除され、超人パワーが炸裂し元の主人を襲うワンダラーとなる。

まぁ記憶がなくなるのはいいとして、なんでそんな超人パワーを秘めてるの?
かつ、ストーリーの中でギフティアを製造・管理し、ワンダラーになる前に回収を
担当する(主人公が務めている会社の)部署が全世界で29ヶ所と作品中で明言
されていますが、全世界で29ヶ所ってそんなんで足りるのか?

色々細かく書くときりがないので書きませんが、とりあえず一つはっきり言えるのは、
私のような色々面倒くさいことをグチグチ、グダグダ言うような捻くれ者ではなく、
必ず来る別れに対して、最後まで笑顔を絶やさす過ごそうと努力するスカサとアイラの
苦しく切ないラブ・ストーリーを最後まで見守り、涙を流せる素直な人が見るべき作品です。

え?あ、はい。こんだけ色々書きましたが
最終回は泣きました。単純なんですよ私(´・ω・`)。

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEレボリューション(第3期)

感想

アニメの1~2期は全て視聴済み。
とにかく見ていて恥ずかしかった。

最初のシリーズからなんとなく見始めた作品で、1期の頃は
それなりに楽しめた記憶があります。2期に関しても「1期も見てたし」
という惰性で視聴しましたが、これもつまらなかったという記憶はありません。

ですが、今回のシリーズは終始「見ていて恥ずかしい」という感じ強いです。
第1話をメインキャラクターの紹介でまるまる1本使い切るのはなかなか
凄いというかなんというか・・・。正直笑いました。

全体的にツッコミどころ満載ですが、一番気になることが一点。
QUARTET NIGHT」や「ST☆RISH」はトップアイドルグループとして
世間に認知さえ、テレビや雑誌し引っ張りだこ。女性ファンからの
黄色い声援が止むことのない人気アイドル。

そんなチョー人気アイドルが、例え仕事の関係者でかつ、自分たちが
歌う曲の作曲家である主人公「七海 春歌」という一人の女性と普通に
二人っきりでいるのって、パパラッチの格好の獲物じゃないの?
まぁ、若本社長が色々手を回してるんでしょうけどね(´-ω-`;)

第2期で登場したライバルアイドルグループの「HE★VENS」が行方不明ということが
はじめに告げられた時「最終回あたりに出てくるんだろうなぁ~」という適当な予想が
見事的中。最後の最後に出てきて美味しいところを持って行き、最終回でまさかの
To Be Continued...」オイ(゚Д゚;)!?

気になる人は第1話と最終回だけ見るのも有りだと思います。
てか、それ以外は別に見なくてもいい・・・かな?

血界戦線

感想

まさかの最終回が放送延期。30分で収まらないので
放送枠を調整・拡大して放送予定とのこと。
総集編をやらなければ収まったのでは・・・?
というツッコミは、アニメーターさんに失礼なので
心の中にしまっておきましょう。どんなところでも
大人の事情があるわけですし・・。

まだ放送がいつになるかわかりませんが、気長に待ちましょう。
最終回が放送されたら感想を書きます。

アルスラーン戦記

感想

原作小説及び漫画版も未読。結構古いですが、昔アニメの劇場版やOVAもあったそうですが、
そちらも未視聴。何はともあれ、ファンタジーとして王道の面白さを感じるアニメ。

個性豊かなキャラクターが多く、主人公アルスラーンの仲間は全員スペックが高く、
近接戦闘型に遠距離戦闘型。かつオールラウンダーに加えて戦略家までいる。
お約束とはいえベタですねぇ~、まぁそこが面白いんですけどね(・∀・)

銀仮面の初登場シーンの梶裕貴さんの演技は凄いですね、ビリビリきます。
作画も全体的に安定していますが、どうしてEDのアルスラーンを性転換
させたのでしょう。そしてそれを終始見つめる戦士の中の戦士ダリューン・・・。

どこからともなく黄色い悲鳴が聞こえてきそうですが、
それは別として、今後どのように展開するのか期待ですね。

・・・夏アニメについても書きたいけど、時間が(;´Д`)。

続き
【アニメ】2015年 春アニメ感想④

AdSense_336px

AdSense_336px

-2015年 春アニメ, アニメ
-

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2017 AllRights Reserved