2015年 春アニメ アニメ

【アニメ】2015年 春アニメ感想①

更新日:

記載作品

・旦那が何を言っているかわからない件
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
・レーカン!
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
・長門有希ちゃんの消失

なんとなく続けているアニメ感想。
まぁ、毎度のこと主観的で適当な独り言的な
感想ですが、お付き合い頂けると幸いです。

今回からちょっと記載方法を変えています。
まぁ、内容が薄いのは変わりないけどね(-_-;)

※注意
・流石に全部ではありません。
・全話or継続して視聴した作品のみ。
・微妙にネタバレ有り
・主観的な感想なので、内容に関してはご容赦を。

旦那が何を言っているかわからない件

感想

原作及び第一期も既読&視聴済み。一期の最終回を妊娠発覚で終わらせたためか、
サイドストーリーメインって感じで進みます。※原作では妊娠発覚は4巻のラスト。

鈴村さんとゆかりんが、原作通りのキャラのイメージで演じているので、
違和感はないけどそれ以上の魅力は感じなかったかな?原作の注釈や
ネタの解説があってこそ、この作品は面白いのかもしれません。

それなりに人気だったのか、同じ作者の「小森さんは断れない!」がアニメ化
決定だそうです。小森さんはまだ読んでないから、今度買ってみるか。
個人的には「おじょじょじょ」をアニメ化して欲しいなぁ~。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続

感想

一期は全話視聴済み。原作は1巻のみ既読。
いやぁ~もうなんて言うか、良い意味で胸が苦しくなる作品ですね。
毎回「頼むから、お前ら幸せになってくれ(´-ω-`;)」と
身勝手な気持ちを抱きながら視聴していました。

2期からの新キャラ「一色いろは」。回を重ねるに連れ八幡と打ち解け、
心を開いた一色いろはは反則です。何あれ、可愛すぎるわ。
なんだよ「ごめんなさいまだちょっと無理です」って。

そこからの「責任とってくださいね。」ってそこで言うのは反則だよ。
でも、私は結衣派です(`・ω・´)ゞ!

最終回は色々と考察のしがいがある回でしたね。細かい仕草で
心情を読み取ろうと思うと、もう一度全話見直したくなります。

由比ヶ浜は自分ことを”ずるい”と言っていましたが、
その中には雪乃に対する優しさも感じました。

そしてその発言を庇い、かつ雪乃に助け舟を出す八幡。
2人の優しさの真意を、雪乃はどう受け止めているのでしょうね。

多くの人が最終回で由比ヶ浜と雪乃の印象が変わったと思います。
私のその一人です。何にせよ、やっぱり結衣が一番可愛い!!

てか、アニメスタッフ!何だあの終わりは!
三期はいつだこの野郎щ(゚д゚щ;)!!

レーカン!

感想

原作未読で視聴。ゆる~く百合百合している作品です。
百合系が嫌いな人でも問題なく見れます。

7話のコギャル回は泣かされました。
先に死んでごめんなさい」「何も返せなくてごめんなさい
このセリフは卑怯だよ。ホント、年取ると母ちゃんネタに弱くなりますねぇ・・・。

作中に登場する霊のほとんど成仏しない、なかなか珍しい作品です。
正直、あまり期待していませんでしたがそれなりに楽しめました。
エロ猫役のくじらさんもいい演技してます(・∀・)b

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

感想

原作未読。「例の紐」で一躍有名になった作品。
始まっていきなり、松岡&戸松キャラが登場し、SAO感バリバリで始まる。

あざといロリ巨乳ヘスティアに、安定の戸松キャラのエイナ。
かつ、世話焼きメイドのシル。ロリ真礼ボイスのアーデ。
金髪クーデレ?のアイズ。二次豚ホイホイアニメですな。
・・・釣られましたが何か(´・ω・`)?

最初はちょっとナヨナヨした松岡ボイスの主人公ベルがちょっとなぁ~っと
思っていましたが、作品が進むにつれ松岡くんらしい”叫んで戦う主人公”に
なってくれたので、中二心をくすぐるいい感じになります。

最終回は少々駆け足感があり、世界観の設定+原作の知識がないと「???」って
なる部分が多々ありましたが、まぁどうせ2期やるだろうし待ちきれない人は
原作買って下さい、って感じの終わりでしたね。

英雄(ヒーロー)になりたい欲求ってのは人それぞれだけど、
ずいぶんド直球な方向をめざした感じがするアニメでした。
難しいこと考えず、少々チート気味な主人公のバトルを
楽しめる中二病&萌えキャラ好きにはオススメです。

長門有希ちゃんの消失

感想

マンガ原作は一応全巻既読済みです。原作小説は憤慨?までは読んだ・・・はず。
アニメはエンドレスエイトを含め『全話』視聴済みです。

マンガ原作をそのままアニメにしましたって感じでなかなか好印象。
かつ、細かいファンサービスもあり丁寧に作らている感じがします。

ずっとイチャイチャかな?と思いきや、第10話から話が一転。
「え?!本編(憂鬱)と絡ませるの?」と思いきやスピンオフ。
マンガでこんな話あったっけ?と読み返すと4巻でしたね。
久しく原作を読んでいなかったので忘れてました(^_^;)

前半のゆるいイチャイチャ話からのギャップも相まって10話からの
消失編は見応え十分。13話の杉田さんとみのりんの演技は素晴らしい。
原作の消失編があるからこその話とはいえ、作成陣が相当頑張ってますね。
ハルヒファンは絶対に見るべきです。

1クール(12~13話)だろうと思いきや全16話。個人的には
13話で十分満足しているので、残り3話でコケないことを祈ります。

感想の書き方を変えては見たものの
やばい、これ作るのに相当時間がかかる・・・。

とりあえず、まだまだまだまだまだ続きます。
【アニメ】2015年 春アニメ感想②

長門有希ちゃんの消失 第1巻 初回生産限定版 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2015-06-26)
売り上げランキング: 883

AdSense_336px

AdSense_336px

-2015年 春アニメ, アニメ
-

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2017 AllRights Reserved