GitHub プログラミング

【Github】Visual Studio 2013 (Express)で作成したプロジェクトをGitHubにアップロードする。

更新日:

Githubは以前から使ってみたいと思っていのたですが、
まったく使う機会がなく、かついざ色々調べてみると
なんだかよくわからん・・・・(´・ω・`;)

とりあえず、Visual Stadioからアップロードする方法を記載。
尚、素人の自己完結型覚書なので至らぬ点は指摘して頂けると幸いです。

1.基本的な用語

これがわからないと「は( ゚д゚ ;)?」ってなる。

リポジトリ

ソースコードを保存する領域・場所。
※リポジトリを作成(=GitHub上に保存領域を作成)

リモートリポジトリ

ネット上に配置している複数人で共有するためのリポジトリ。
※プロジェクトファイルの本体って感じかな?

ローカルリポジトリ

ユーザが一人で利用するために、実体がPC上に保存されているリポジトリ。
※PC上のワークスペースに保存されているプロジェクトファイルと同意。

コミット(commit)

変更内容をリポジトリを反映させる。
※コードの更新ではなく、どの部分を修正・変更したかの『履歴』を保存。

プッシュ(push)

コミット(変更内容)をリモートリポジトリに反映させる。
※変更したローカルリポジトリのコードをリモートリポジトリ(本体)へ更新する。

2.新しいリポジトリ作る。

①「GitHub」にアクセスし、ログイン。
② 画面右の「+New repository」を押す。
git_1

③ 「Repository name」に適当な名前を入力し「Create repository」を押して作成完了。
※プロジェクトファイルと同じ名前だとわかりやすい。例は「sample_test」。
git_2

3.Visual Studioの設定 & アップロードするプロジェクトを作る。

① Visual Stadioを起動し、新規プロジェクトを作成。
※この時、必ず「ソース管理に追加」にチェックを入れてから「OK」を押す。
git_3

② 「ソース管理の選択」で「Git(G)」を選択して「OK」。
git_4

③ プロジェクト画面内の「チームエクスプローラ」からアップロードします。
表示されない場合は「表示」から「チームエクスプローラ」を選択。
git_5

④「設定」を押し「Git 設定」を選択。
git_7

⑤「ユーザー名」「電子メールアドレス」を入力し「更新」を押して設定完了。
※ メアドはGitHubに登録しているものを入力して下さい。
※「ユーザー名」は適当でいいらしい。
git_6

4.リポジトリとプロジェクトを紐付ける。

① 「チームエクスプローラ」家アイコンを押して
ホームに戻り「同期されていないコミット」を選択。
git_8

②「空のGitリポジトリの・・・」に先程作成した
リポジトリのURLを貼り付けて「発行」。
これで作成したリポジトリとプロジェクトが紐付きました。
※発行後、GitHubへの接続アカウントが問われます。

貼り付け先

git_9

貼り付けるURL(GitHubから)

git_10

貼り付け後

git_11

5.プロジェクトファイルを「コミット」として「Push」(アップロード)する。

①「チームエクスプローラ」のホームに戻り「変更」を選択。
git_9

② コメントを入力して「コミット」を押す。
git_10

③「****のコミットがローカルで作成されました。」が
表示されればローカルリポジトリで「コミット」が完了。
④ 同じ画面の「同期されていないコミット」を選択。
git_11

⑤「同期」ボタンを押すことで自動的に
「Push」されアップロードが完了となります。
git_12_0

アップロード中

git_12

同期&Push(アップロード)完了

git_13

5.Webブラウザ側で確認

GitHubにアクセスし、先程作成したリポジトリ「sample_test」を確認すると
作成したプロジェクトファイルがPush(アップロード)が確認できます。
git_14

試しにプロジェクトファイルを変更し「コミット」→「同期」をして
リモートリポジトリのコードを確認して見てください。
git_15

個人的に気になった部分のメモ

「同期」と「Pull」の違い

※下記は適当に確認したものなので要注意!

「同期」はリモートリポジトリをローカルリポジトリ同期させる。
尚、コミットしない限りローカルの変更がリモートに反映されることはない。
※リモート <- ローカル

【実験】
内容:ローカル変更(コード追加) -> コミットせずに「同期」
結果:ローカル側で変更したコード、かつリモート側も変更なし。

「Pull」はローカルリポジトリをリモートリポジトリ同期させる。
尚「同期」と同じく、コミットしない限りリモート側と同じ状態にはならない。
※リモート -> ローカル

【実験】
内容:同期済みローカルのコードを変更 -> コミットせずに「Pull」
結果:「最新の状態」と判断されコードに変更なし。

AdSense_336px

AdSense_336px

-GitHub, プログラミング
-

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2017 AllRights Reserved