開発環境 プログラミング

【Eclipse】workspaceのパスを変更+ SDKロケーション設定

更新日:

毎回毎回忘れて、ネットで検索しているので覚書。
まぁ、私のようなバカはそうそういないでしょうが・・・( -д-; )


パソコンを初期化してから、Androidの環境の再構築を
さぼってた・・・というか、やる時間がなかったので
再構築したら、なんか最新のSDKに色々あるとかないとか・・・。

実際に適当なプログラムを組んでみると
なぜか知らないけど匿名クラスが絶対に動かない。
・・・・なんでよ?

解決方法を探すのも億劫になったので
古い開発環境に作りなおしました。

詳細はこのサイトが一番わかりやすかった。
Android 2.3.3(旧バージョン)開発環境を手動で作る (Windows)

ではでは、本題の覚書。

workspaceのパス変更

①「Eclipse」を起動。
②「ファイル」→「ワークスペースの切替」→「その他」を選択。
140611_1

③「ワークスペース」のアドレスを変更して完了。
140611_2

SDKのロケーション変更

古いバージョンの構築は簡単に言うと、最初から SDK と ADT が
入ってる Eclipse「Android Developers Tool」を使わず、かつ
EclipseのSDKマネージャーを使わずにADTを入れる、という作業。

で、なぜだかわからないけど最新の環境(4.4 SDK:22.6)が
入っているパソコンに、そのまま古いバージョンの開発環境を
構築した所、SDKのロケーションが最新のものを参照していた。
・・・なんで?環境変数も設定してないのに?

まぁ原因はともかく、これで少しつまずいたので
SDKのロケーション設定も書いておく。

①「ウィンドウ」→「設定」
140611_3

②「Android」を選択し、「SDKロケーション」を「参照」で変更。
140611_4<
JavaもAndroidのあれこももかなり忘れてる。
仕方ない、参考書を最初から見直すか・・・・。

はじめてのAndroidアプリ開発―Android4対応版 (TECHNICAL MASTER)

Androidアプリ開発逆引きレシピ (PROGRAMMER’S RECiPE)

AdSense_336px

AdSense_336px

-開発環境, プログラミング
-

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2017 AllRights Reserved