WordPress ブログ

「Instant WordPress」の使い方(ローカル環境の構築 / ブラウザ変更 / 終了・停止)

更新日:

iwp_thumbnail

友人にそそのかされてWordPressに引っ越しを検討中。

いきなりサーバー借りてあれこれする前にローカル環境で
色々弄ってみたかったので「Instant WordPress」を使ってみた。
※以下「IWP」で統一。

【修正】
17.07.25:IWPが停止しない問題についての文章を修正。


Sponsored Links


DLとインストール

DLは下記のサイトからダウンロードする。
Instant WordPress

インストール方法に関しては、説明不要な程簡単なので省略。
他のソフトのインストールと方法は何も変わらないので。

SDカードにインストールしてみた

導入の手軽さがIWPの特長だが、もう一つの特長として
USBメモリやSDカードにインストールして、ポータブルな
ローカル環境が構築できるということ。

今回、会社と自宅のパソコンの両方で開発をするために
使っていない手持ちのSDカードにインストールしてみた。

外部メモリにインストールするのも通常と変わらない。
インストール先を外部メモリにすればいいだけ。
wp_dl_install (1)

インストール後のフォルダサイズは約400MB
ここにテーマや画像や記事のデータが入るので開発用と
割り切って使う前提なので2GBぐらいあれば十分かと。
wp_dl_install (2)

起動方法

InstantWP_*.*」>「InstantWP.exe」が起動ファイルとなる。
下記のようなフォームが表示される。※あくまで下記はIEで開いた場合。
iwp_start (1)

WordPressを開く

右上の「WordPress Admin」を選択すればWordPressの
ログイン画面が表示される。ログイン画面はブラウザで表示される。

ユーザーネームとパスワードが初期設定されていて、初期設定は以下の通り。

Username : admin / Passowrd : password

Languageは「日本語(ja)」にすれば管理画面等全て日本語になる。
日本語化パッチとか当てなくてすむのは有り難い。
iwp_start (2)

最初は必ずアップデート

起動したらまずはWordPress本体の更新をオススメします。
この記事を書いている段階だとIWPのWordPressの
バージョンが4.5。本家WordPressは4.8。

特別な理由もない限り、わざわざ古い環境を使う
必要もないと思われるので、更新しましょう。

ブラウザの変更

初期設定ではブラウザがIEになっている。スマホ画面での
表示も含めてレイアウトの開発をしたいので使い慣れている
Chromeに変更する。

変更は下記ファイルの「BrowserPath」の部分を書き換える。
パスは「InstantWP_4.5/iwpserver/pms_config.ini

【初期値】

BrowserPath= ../system/InstantWP_GUI.exe

【変更後】※途中の改行禁止

BrowserPath="C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"

単純にChromeのインストール先のパスを設定すればOK。

最初と最後のダブルクオーテーション("")を忘れずに

Chrome以外のブラウザも同じようにexeファイルまでの
パスを設定すればもちろん動きます。

停止方法(外部メモリにインストールした時)

【注意】
ここは、PC上にIWPをインストした人は読む必要なし。
私のように外部メモリにインストールした人が対象となります。

【訂正:17.07.25】
どうやら、ブラウザをIE以外に変更すると終了しないみたいです。
よって、IWPをPCにインストールしブラウザを変更している人が対象となります。
ブラウザの変更さえしなければ、外部メモリにインストールしても正常に終了します。

ブラウザを閉じてもIWPが停止しない。

通常PCにインストした場合。ブラウザを閉じればIWPは停止する。
だが、外部メモリにインストした場合はブラウザを閉じても停止されていない
ブラウザを変更すると、ブラウザを閉じてもIWPが停止されていない。

外部メモリを安全に取り外そうとすると『このデバイスは現在使用中です。』
という警告が表示される。かつ、タスクマネージャでも「iwpserver.exe」が
停止していないことが確認できる。

停止する方法を開発元に聞いてみた。

そのまま取り外しても多分問題はないと思うけど、
気になったので開発元に聞いてみた。



どうやら古いIWPの一部で発生する既存の問題とのこと。
やり取りが英語なのでニュアンスが合っているか不明だが、
過去バージョンのバグだって思ってれば良いのか?

停止は「タスクマネージャで終了してね」とのことなので、
外部メモリにインストールしている人で、完全にIWPを
停止させたい場合はタスクマネージャから終了させて下さい。

ちなみに、終了する時は「プロセス ツリーの終了」を選んで下さい。
関連する「Apache.exe」と「mysqld.exe」も停止する必要があるので。

面倒くさがり向けの終了バッチファイル

いちいちタスクマネージャ起動するのめんどくせぇよ!
という私と同じ考えをお持ちの方はバッチファイルを作りましょう。

下記をメモ帳にコピーして拡張を[.bat]にして保存。※名前はなんでも良いです。

@echo off

taskkill /F /IM iwpserver.exe /T

exit

バッチファイル自体はどこで起動しても問題ありません。
まぁルートの直下にでも置いておけばいいかと。

おまけ:IWP終了+USB取り外し

安全な取り外しも同時にしたい、というせっかちな人は
UnplugDrive」というフリーソフトをDLして下さい。

DLした「UnplugDrive.exe」をメモリのルート直下にコピー。
同じくバッチファイルも直下にコピー。
iwp_file_Directory

バッチファイルのコードを以下のように変更。

@echo off

taskkill /F /IM iwpserver.exe /T && start UnplugDrive.exe

exit

これでバッチファイルを実行すれば
IWPの停止、かつUSBの安全な取り外しを実行してくれます。

感想

かなり手軽にWordPressに触れられるので便利ですね。
色々勉強が捗りそうです。

まぁ、ゆくゆくはサーバーやら何やら準備する必要はありますが、
最初の内は簡単に手がつけられるものの方が、その後継続して
行こうという気持ちに余裕が生まれるのでいいですね。

まぁ、本当に大変なのはここからだけどねぇ(´ε` ;)

宜しければポチッとお願いします。
にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

AdSense_336px

AdSense_336px

-WordPress, ブログ
-

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2017 AllRights Reserved