プラグイン WordPress

【WP】BackWPupの使い方・Dropboxへの設定方法

更新日:

 

どうも、白夜霧です。

今回は自分用備忘録、兼友人用のメモ。WordPressを利用したブログをプラグイン「BackWPup」を使ってまるごとバックアップする方法。

 

スポンサーリンク

AdSense_336px

準備

今回のバックアップで使用するのは下記の2点。

①DropBox ※オンラインストレージ
②BackWPup ※WPのプラグイン

今回のバックアップを簡単に言えば、ブログ全体の各データ(データベースを含む)を自分のDropboxへ決められた時間に自動的、かつ定期的にバックアップを作成する。というのが今回の記事の内容です

Dropboxのアカウントを持っていない人はこちらからアカウントを作成して下さい。無料アカウントで問題ありません。
Dropbox - オンラインストレージサービス -

 

DropBoxは新しいものを準備した方がいい、かも。

私の場合、日頃使っているメインのアカウントのDropboxとは別に、完全に「WPバックアップ専用」として別アカウントのDropboxを作り、そちらにバックアップをしています。

理由としては・・・

  • 日頃使っているDropBoxの容量をバックアップ用に割きたくなかった。
  • パソコンとも同期させているため、毎回同期が入るのがちょっと面倒。
  • 単純に、間違って削除してしまうことを防止するため。

これに関しては、それぞれの環境に合わせて下さい。もし新しいアカウントを作成するのであれば、下記URLから作成して頂けると、私が幸せになります。
Dropbox - オンラインストレージサービス -

※注意
既にDropBoxのアカウントを持っている場合、同じメールアドレスでは新しいアカウントは作成出来ません。よって、メインとは別のメールアドレスを準備してからアカウントを作成して下さい。

 

手順

本記事では、下記の流れで説明します。尚、Dorpboxのアカウントは既に準備済み前提で進めます。

  1. プラグイン「BackWPup」をインストール
  2. BackWPupの設定
  3. Dropboxと連携させる。
  4. 試しに手動でバックアップ

「BackWPup」のインストール

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」から「BackWPup」を検索。

作成者が「Inpsyde GmbH」であることを必ず確認してインストールして下さい。

 

バックアップスケジュールを追加する

インストールが完了したら有効化。有効化すると左のメニューに「BackWPup」が追加される。そこから「新規ジョブを追加」を選択し、バックアップスケジュールを作成する。

 

「一般」タブ

【ジョブ名】
自由な設定で可能。デフォルトのままもOK。

【ジョブタスク】
データベースのバックアップ」と「ファイルのバックアップ」にはチェック必須。他はデフォルトのままで問題なし。

【アーカイブ名】
簡単に言えば「作成されるバックアップデータの名前」を設定する部分。%で始まる単語を組み合わせればバックアップデータが何時何分何秒に作成されたか、データの名前だけで分かる。特に変更する必要なし。

【アーカイブ形式】
バックアプデータの圧縮形式の選択。デフォルトの「zip」で問題なし。

【バックアップファイルの保存方法】
バックアップデータの保存先の選択。「Dropboxにバックアップ」にチェック。

【ログの送信先メールアドレス】
バックアップ処理の際、エラーなどが発生した場合にそれを通知する先のメールアドレスの設定。出来る限り、日頃使っているメアドを推奨

【メールの送信先】
上記ログのメールを受信した場合の「件名」。デフォルトのままで問題なし。

【エラー】
説明の通り、エラーが発生した時だけメールが来るようにする設定。チェックを外すと、バックアップが実行されるたびにメールが来る。毎日バックアップを取る前提なので、チェック推奨

必ず「変更を保存」をクリック。

 

「スケジュール」タブ

【ジョブの開始方法】
自動でバックアップを行うため「WordPressのcron」を選択。

【スケジューラーの種類】
デフォルトの「基本」で十分。

【スケジューラー】
毎日」を選択。時間に関しては出来る限り”更新しない時間帯”を選択。

変更を保存」をクリック。

 

「DBバックアップ」タブ

【バックアップするテーブル】
基本的にwp_」という文字が入っているものは全てチェックを入れる。

【バックアップファイル名】
データベースのバックアップのファイル名。デフォルトのままでOK。

【バックアップファイルの圧縮】
なし」を選択。

変更を保存」をクリック。

 

「ファイル」タブ

基本的には全てデフォルトのままでOK一応、「変更を保存」をクリック。

 

「プラグイン」タブ

【プラグイン一覧のファイル名】
インストールしているプラグインの一覧をテキストデータとして保存した際のファイル名。デフォルトでOK。※間違ってプラグインを消した場合。何を入れていたかこれを見れば分かると思っておけばOK。

【ファイルの圧縮】
なし

 

「宛先:Dropbox」

※注意
このタブは「一般」タブの保存方法で「Dropbox」を選択していないと表示されません。

認証コードの取得

右側の「Dropboxのアプリ認証コードを取得」を選択。

 

バックアップするDropboxのアカウントでログインし、下記画面の「許可」をクリック。

表示されたコードをコピー。

WordPressの画面に戻り「Dropboxのアプリへのアクセス」に貼り付ける。

 

バックアップ設定

【保存先フォルダー】
バックアップが保存されるDropboxのフォルダ名。デフォルトのままでOK。

【ファイルを削除】
設定する数字は「X日分のバックアップ」のXに相当。3なら3日分。7なら一週間(7日分)のバックアップを保存する。

出来ることなら一週間が望ましいが、Dropboxの初期容量は2GBと少ないため、ブログの記事が多くなればなるほど1日分のバックアップ容量が増えていく。今後を見越して「3日分」あたりが打倒だと思われる。※容量が不足していれば、エラーメールが届く。

変更を保存」をクリック。

 

「変更を保存」で認証完了

変更を保存」をクリックすれば「認証済み!」と表示される。※赤文字で「認証されていません!」の場合はもう一度コードを取得してやり直す。

 

手動バックアップ(手動で実行)をやってみる

上記設定が完了したら「今すぐ実行」で手動バックアップが可能。

 

または、WP左のメニューから「BackWPup」→「ジョブ」から「今すぐ実行」をクリックすれば手動でバックアップが開始される。

 

バックアップ中の画面

バックアップ完了画面

 

Dropbox側のバックアプデータを確認する

バックアップが完了したらバックアップ先のDropBoxにバックアップデータがあることを確認。デフォルト設定のままバックアップした場合。Dropboxの「アプリ」→「BackWPup」→「ブログの名前」の中にバックアップデータが保存されている。

 

まとめ

Dropboxよりも初期容量の多いGoogleDriveへのバックアップは有料版を購入しないとダメらしい。バックアップからの復元方法はまた今度。

 

AdSense_336px

AdSense_336px

-プラグイン, WordPress
-, ,

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2017 AllRights Reserved