My,WebNote - 備忘録 -

「楽して稼ぐ」才能が皆無。貧乏暇なしを身を持って実践し、趣味のために働くキモオタ・ワーカーホリック。 絶賛「艦これブログ」となりつつある今日この頃・・・・。

開発環境 プログラミング

【メモ】Eclipse+PHPのデバッグでブレークポイントで止まらない時の対処法

投稿日:

 

自分用のメモ。

統合環境「Eclipse+PHP」で、デバッグモードでプログラムを動かしてもブレークポイントで止まらず、「こういうものなのか?」と思ったら一部設定を変更したら治ったのでそのメモ。

 

環境

OS:Windows 7 Pro 64bit

Eclipse:PHP Full Edition (日本語化済み) 4.7 Oxygen

 

症状

上記開発環境にてPHPアプリ開発中、デバッグモードでアプリを実行してもブレークポイントで止まらない。

 

原因

構成ファイル(php.ini)のパス(zend_extension )が自分の環境に合っていない場合に発生する。

 

構成ファイル(php.ini)の修正・変更方法

※下記は、上記「Eclicpse+PHP Full Edition」をダウンロードし、解凍したフォルダをCドライブ直下に置いていることを前提として説明します。

 

構成ファイルの場所

解凍したフォルダの「xampp」→「php」の中に『php.ini』がある。

 

修正・変更箇所

修正するのは一番下に書かれている部分。

※バージョンによって記載位置が異なる場合があるため「zend_extension」で探した方が正確です。

※あくまで下記変更は私の環境の場合なので、ご注意下さい。

 

初期値

 

変更後

 

バージョンによっては「xdebug.remote_enable」が「0」になっているものがらしいですが、その場合は「1」に変更して下さい。あと、デバッガーは「Xdebug」でないとこの設定を変更してもブレークポイントで止まりません。デバッグ設定の見直しも忘れずに。

 

よろしければポチッとお願いします。

AdSense_336px

AdSense_336px

-開発環境, プログラミング
-, , ,

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2018 AllRights Reserved