カメラ パソコン&ガジェット

【トラブルシューティング】GoProをWEBカメラとして使う方法&パソコンがGoProを認識しない場合の解決方法

2021年5月30日

【トラブルシューティング】GoProをWEBカメラとして使う方法&パソコンがGoProを認識しない場合の解決方法

 

どうも、白夜霧(@KiRi_Byakuya)です。

 

今回は、アクションカムとして有名な「GoPro」をWEBカメラとして使う方法や、パソコンがGoProを認識しない場合などのトラブルシューティングをご紹介します。

 

GoProは持っているけど、WEBカメラとして使える事は知らない。」という人が案外多いです。安いWEBカメラと比べると、画質もいいし広角レンズなので、会議用のカメラとして最適だと思います。

 

流石に「WEBカメラのためだけにGoProを購入する」という選択はおすすめしませんが「WEBカメラは持ってないけどGoProは持ってる!」という人の参考になれば幸いです。

 

この記事でわかること

  • GoProをWEBカメラとして使った時のメリット・デメリット
  • GoProをWEBカメラとして使う方法と準備するもの
  • パソコンがGoProを認識しない時の解決方法
  • GoPro以外でWEBカメラとして使うことのできるアクションカムの紹介

 

 

GoProをWEBカメラとして使う「メリット」

「広角レンズ」で広々撮れる!

GoPro,カメラ,アクションカム

 

GoProはWEBカメラとして使用する際、「狭角」「リニア」「広角」の3種類の画角に対応しています。

 

一人での会議の場合は「狭角」。複数人での会議の場合は「広角」を使えば2~3人は楽勝で収まる画角が確保できる。

 

Webカメラとして使用する場合『SuperView』(Goproで一番広い画角)に設定できないのは残念。

 

HDMIケーブル不要!USBケーブルだけでOK!

スマホ,パソコン,充電,ケーブル,USB

 

「HDMI出力機能」がある一眼カメラやビデオカメラをWebカメラとして使用する場合、主に「キャプチャーデバイス」というものが必要になります。

 

キャプチャーデバイス」は安いものから高いものまで色々ありますが、わざわざ出たくもない会議に参加するために購入するのは、ちょっともったいない。(会社の金で買えるなら良し)

 

動画配信やゲーム実況をしている、もしくはしたい人にとっては色々と活用方法があると思います。ただ、それ以外の人にとっては日常的にはほぼ使い道がありません。

 

「GoPro」の場合、USBケーブルがあればWebカメラとして使用することが可能です。USBケーブルなら他のデバイスでも使えるし、何より安くて手軽、汎用性もバッチリです。

 

今現在、USBケーブルだけでWebカメラとして使えるのは「GoPro HERO 8」と「GoPro HERO 9」の2機種のみとなります。旧型となる「GoPro HERO 7」以下のカメラでは、USBケーブルだけでWebカメラとして使用することはできません。

 

GoProをWEBカメラとして使う「デメリット」

4K/5K画質で出力できない!

 

「GoPro HERO 9」は最大5Kでの映像が録画可能です。ただし残念ながら「WEBカメラ」として使用する場合は、フルHD(1080P / 30FPS)しか出力されません。

 

WEBカメラとしては、フルHDで何ら画質に問題はありません。むしろどこぞの安いWEBカメラと比べたら、画質は必要十分に綺麗です。

 

WEBカメラで4K画質が欲しい!」という人にとっては期待はずれかもしれませんが、普通に使う分にはデメリットとは感じないと思います。

 

GoPro内蔵のマイクが使えない。

マイク,叫ぶ

 

動作撮影用にGoProにはマイクが内蔵されていますが、残念ながらWebカメラとして使用する場合は、このマイクは使えません。

 

パソコン側にマイクがない場合は、別途ヘッドセットやマイクを準備する必要があります。

【失敗しました】オンライン会議やゲーム実況で使える『MAONO USBマイク』買ってみた!
【失敗しました】オンライン会議やゲーム実況で使える『MAONO USBマイク』レビュー

失敗談あり。オンライン会議やゲーム実況、ボイスチャットで幅広く使える「USBコンデンサマイク」のレビュー記事です。

続きを見る

 

そもそも公式に対応の有無さえ書いていないので、無駄とはわかりつつも色々なweb会議用ソフト(Skype、Zoom、Teams、Discord、etc)で試してみましたが、GoProをマイクとして認識したソフトはありませんでした。

 

暗所に弱い。

暗い,ヘッドセット,ヘッドホン,ゲーム,

 

GoProはもともと暗所に弱いので、WEBカメラとして使用する場合もその弱点は健在です。ただ、暗い部屋でわざわざ会議をする人はいないと思うので、そこまで気にする必要はないのかな?

 

どうしても暗い部屋でやらないと行けない!』という人は「LEDリングライト」の購入を検討して下さい。

 

Windows版はBETA版のみ?→突如正式版リリース!!

キーボード,windows

 

GoProをWEBカメラとして認識させるためにはGoPro Webcam デスクトップユーティリティというパソコン向けのソフトが必要となります。

 

このソフト自体は公式から無料でDL可能です。対応OSはMacOS版とWindows版の両方があります。

 

当初、Windows版だけはBETA版のみ公開されていましたが、どうやら2021年5月中旬に正式版がリリースされたようです。

 

 

GoProを『WEBカメラ(Webcam)』として認識できる会議ソフト

 

公式に記載がありますが、ほとんどの会議ソフトで使用可能です。

GoProが使える会議ソフト

  • Zoom (V 5.0.5 以降) および Zoom Chrome Extension
  • YouTube Live (Chrome を使用)
  • WebEx (Chrome を使用)
  • Google Meet
  • Microsoft Teams
  • Skype
  • Twitch (OBS 経由)
  • BlueJeans
  • GoTo Meeting
  • Snap Camera
  • Facebook Rooms
  • デスクトップ用 Facetime

参考:GoPro をウェブカメラとして使用する方法

 

公式には記載はありませんでしたが「Discord」もGoProをWEBカメラとして認識できました。

 

 

GoProを「WEBカメラ」として使うために準備するもの(Windows)

準備,スタート,ダッシュ,走る

 

対応しているGoPro

 

先程も記載しましたが、今回紹介する方法でGoProをWEBカメラとして使用する場合。対応しているのは「GoPro HERO 8」「GoPro HERO 9」の2機種のみとなります。

 

古いモデルの場合

GoPro HERO 7」以降の古いバージョンでもWEBカメラとして使えないわけではありません。ただ方法も準備するものも異なるので注意して下さい。

 

使用するソフト「GoPro Webcam デスクトップユーティリティ」

 

公式が配布している『GoPro Webcam デスクトップユーティリティ』をDLして、パソコンのインストールします。下記公式ページにてDL可能です。

 

準備するもの

ノート,申込み,メモ,机

 

参考

  • GoPro
  • USBケーブル(Type C)
  • USBマイク
  • カメラスタンド

 

粗悪なUSBケーブルはダメ。

 

GoPro本体は当然として、気をつける必要があるのはUSBケーブル。

 

バッテリーを接続したままの状態でもWEBカメラとして使用可能です。ただし、長時間使用していると本体が熱くなり、熱暴走する可能性があります。

 

GoPro(特にHERO 9)をWEBカメラとして使用する場合、できれば「USB給電だけ」で使用した方がいいです。

 

USB給電だけでWEBカメラとして使う場合、粗悪なUSBケーブルだと供給する電力が足りない場合があります。

 

私が実際に使用している『Anker PowerLine II USB-C & USB-A 3.1(Gen2)』なら、最大3Aの給電が可能なので持っていない人は検討してみて下さい。

 

小さいカメラ三脚

GoProを固定する三脚は小さいもので十分です。

 

私の場合は、パソコンのモニターアームに『マジックアームで固定しています。

 

ココに注意

GoProには「三脚穴」がないため、普通のカメラ三脚にそのままで取り付けはできません。

GoPro用三脚アダプター」か、フィンガー部分に三脚穴を増設した「変換アダプター」を購入すると、色々と選択の幅が広がるのでオススメです。

 

USBマイクに関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

【失敗しました】オンライン会議やゲーム実況で使える『MAONO USBマイク』買ってみた!
【失敗しました】オンライン会議やゲーム実況で使える『MAONO USBマイク』レビュー

失敗談あり。オンライン会議やゲーム実況、ボイスチャットで幅広く使える「USBコンデンサマイク」のレビュー記事です。

続きを見る

 

 

GoProをWEBカメラとして使う設定と手順

本記事ではWindow環境ベースに記載します。

 

GoPro本体をアップデートする。

Quik 動画 & 写真編集アプリ

Quik 動画 & 写真編集アプリ

GoPro, Inc.無料posted withアプリーチ

 

GoPro本体のアップデートは必ず行ってください。アップデートはスマホアプリとGoProを接続することで、アップデートの有無が確認できます。

 

アップデートする必要がある場合、GoProとスマホアプリを接続すると通知があります。アップデート済みなら通知はありません。

 

アップデートの方法はコチラから確認してください。

 

「GoPro Webcam デスクトップ ユーティリティ」をインストールする。

GoPro をウェブカメラとして使用する方法」からインストーラーをDLします。

GoPro Webcam デスクトップ ユーティリティをDLする

 

インストールは簡単なので説明は割愛します。基本的に同意してNext押すだけです。インストールが完了すると、パソコンの再起動が求められるので再起動して下さい。

GoPro Webcam Setup

 

インストールが完了すると、Windowsの場合はタスクバーの通知領域にGoProのアイコンが追加されます。

GoPro webcam 通知領域

 

GoProとパソコンをUSBケーブルで接続する。

GoProとパソコンを接続する

 

GoProからバッテリーを抜き、USBケーブルでパソコンと接続して下さい。

 

接続後、GoProの電源を入れて本体の液晶画面に「USBで接続済み」と表示されれば接続成功です。

 

ココに注意

  • USB給電だけで立ち上がらない場合、USBケーブルからの供給電流が足りない可能性があります。
  • 「USBで接続済み」と表示されない場合、充電専用のUSBケーブルを使用している、もしくはGoPro側の接続設定が異なる場合があります。

 

KiRi

GoPro側の接続設定に関しては後ほど詳しく説明します。

 

「GoPro Webcam デスクトップ ユーティリティ」の『プレビュー』で動作確認

タクスバーの通知領域から「GoPro Webcam デスクトップ ユーティリティ」を右クリックすると「プレビュー」という項目があるので、クリックして下さい。

GoPro WEBカメラ プレビュー機能

 

プレビューを開くと、GoPro側が「Webカメラモード」に自動的に切り替わり、画面上にGoProが撮影している画面が表示されます。

GoPro WEBカメラモード

 

このプレビューが上手く表示されていれば、パソコンはGoProをWEBカメラとして認識できているので、各会議ツール(Zoom、Teams、ChatWork、etc・・・)でWEBカメラとして使用可能です。※プレビューは閉じて問題なし。

 

GoProをWEBカメラとして使う際の画角(レンズモード)

GoPro WEBカメラ レンズモード

 

画角はプレビュー表示と同じく、通知領域のアイコンから変更可能です。レンズモードを選択すると以下の3つの画角が選択可能です。

 

広角

GoPro WEBカメラ レンズモード・広角

 

狭角

GoPro WEBカメラ レンズモード・狭角

 

リニア

GoPro WEBカメラ レンズモード・リニア

 

カメラの配置

GoPro WEBカメラ レンズモード・テスト

 

 

GoProをWEBカメラとして使う時のトラブルシューティング(Windows)

 

GoProをWEBカメラとして使っていて、実際に私の環境で発生した問題と、その解決方法を記載します。

 

パソコンにGoProを接続しても認識しない。

GoProとパソコンを接続する

 

パソコンとGoProをUSBで接続しても、パソコン側でGoProを認識しない。または今回の用途のように「WEBカメラ」として認識しない場合があります。

 

この場合、確認するべき内容は以下の通りです。

確認するポイント

  • ①使用しているUSBケーブルが、充電専用(データ通信不可)なものではないか?
  • ②接続しているパソコン側のUSBポートに異常はないか?
  • ③GoPro本体の接続設定が「GoPro Connect」ではなく「MTP」になっていないか?

 

大概の場合は、③のGoPro本体の接続設定が「MTP」になっている可能性が多いです。

MTP接続 とは?

MTPとは、“メディア転送プロトコル”を意味する英語「Media Transfer Protocol」の略で、米マイクロソフトが、ポータブルなデジタル音楽プレーヤーなどとWindowsパソコンを接続するために開発した技術仕様です。

引用:MTP接続 とは

 

GoProに保存されているデータを、パソコン本体にUSBケーブル経由で移す場合は「MTP」に設定する必要があります。ただ、Webカメラとして使用する場合は「GoPro Connect」モードでないと、Webカメラとして認識しないようです。

 

設定の切り替えは簡単です。GoProを起動させ背面タッチパネルを上から下にスワイプ。左にスワイプして「接続」をタップし「USB接続」を「GoPro Connect」に変更するだけです。

 

画面(映像)が止まった/固まったときの対処方法

画面(映像)が止まった/固まったときの対処方法

 

長時間GoProをWEBカメラとして使用していると、撮影している画面が固まることがあります。

 

原因として考えられるのは、長時間の使用による本体の熱暴走。もしくは「GoPro Webcam デスクトップ ユーティリティ」のフリーズです。

 

熱暴走の場合、解決方法としては、一旦GoPro本体の電源をOFFにしてUSBを抜き、完全に停止状態にしてしばらく(1~2分)放置して下さい。大体これで治ります。

 

パソコンのソフト側がフリーズした場合は、タスクマネージャを開き「プロセス」のタブから『GoPro Webcam』を右クリックして「タスクの終了」を選択し、一旦ソフトを強制停止させて、手動でアプリを再起動して下さい。

Windowsタスクマネージャー・GoPro webcam

 

ココに注意

会議中にGoProの電源を落としたり、ソフトを強制終了しても会議ソフト側は問題ありません。そのまま会議を続行できます。ただし、他のWEBカメラが接続されている場合は、強制的にそちらに切り替わるため注意して下さい。

 

 

GoPro以外にWEBカメラとして使えるアクションカメラ+α

 

GoProと比べると、値段は破格の安さとなる「Crosstour アクションカメラ」。『アクションカムが欲しいけど、GoProは高すぎる・・・』と言う人向けにオススメです。

 

 

アクションカムではありませんが「写真も撮れるし、動画も撮れるし、WEBカメラにもなる。」という意外と万能カメラな「SONY ZV-1」。

 

WEBカメラとしての機能を本体が持っているので、追加で何かを購入する必要もなく、パソコンと接続するだけでカメラ内蔵のマイクも使えます。

 

価格だけで見ればGoProよりも高いですが、カメラとしての汎用性は「SONY ZV-1」が確実に上です。

 

写真も取りたいし、映像も撮りたいし、WEBカメラとしてもたまに使いたい!』という人にオススメです。

 

 

GoProやカメラをレンタルして使ってみたい!

カメラを購入したことが無い。」「アクションカムは初めて」「買っても使いこなせるか不安」という人は、GoProがレンタル出来る『モノカリ!』がオススメです。

 

ココがおすすめ

  • 全国送料無料
  • 即日配送
  • 当日レンタルも可能!
  • 商品は空港でも受け取り可能。
  • 返却は、コンビニや郵便局でOK!

参考:モノカリ!

 

カメラ以外にも、キャンプ用品やいろいろなガジェット系もレンタル可能なので、気になる人は是非チェックしてみて下さい。

 

以上、ありがとうございましたm(_ _)m

  • この記事を書いた人

白夜霧

現役のIT土方・社畜・カフェイン中毒者。趣味のために生きる。サラリーマンの雑記ブログ。さり気なくYouTuberデビューしました\(^o^)/

-カメラ, パソコン&ガジェット
-, ,

© 2021 My,WebNote - 備忘録 -