映画 アニメ

【映画】「君の名は。」 おっさん目線の感想みたいな変な記事(ネタバレ「ほぼ」なし / もう一回見たい!)

更新日:

kiminonaha_160913 (1)
「君の名は。」予告2 posted by 東宝MOVIEチャンネル

 

大ヒット上映中の映画「君の名は。」を友達と見てきました。
今回は、その個人的な感想となります。

公式サイト
映画『君の名は。』公式サイト

 

スポンサーリンク

AdSense_336px

 

予告(公式)

 

おしゃれアニメ映画ではなかった。

kiminonaha_160913 (2)
「君の名は。」予告2 posted by 東宝MOVIEチャンネル 

朝やお昼のニュース番組等でも話題の映画として紹介されていたため、
アニメという技法を使った一般向けのオシャレな恋愛映画かな?
と思っていたけど、全然そんなことはなくちゃんとアニメ映画でした。

「アニメ映画」の定義とか、細かい部分は全く理解していませんが、制作側が
「オシャレな恋愛ものを作ろう!」ではなく「面白いアニメ作品を作ろう!
という意思を私は感じました。そして実際の作品も大変力の篭った良作です。

 

「満たされない」気持ちがひしひしと伝わってくる。

kiminonaha_160913 (3)
「君の名は。」予告2 posted by 東宝MOVIEチャンネル 

言葉では言い表せない主人公の感情が良く描かれ、
出会いと別れの切なさをひしひしと感じます。

こっ恥ずかしいセリフで伝えるのではなく、
描写や表情で伝えてくる辺りがたまらん( *´∀`*)。

中学・高校・大学生をターゲットにしているだけあって
オジサンには色んな意味でたまりません(´;ω;`)
そこらへんはまさに青春映画だ!と言わざる終えない。

 

約2時間のミュージッククリップ

kiminonaha_160913 (4)
「君の名は。」予告2 posted by 東宝MOVIEチャンネル 

ものすごい極端な言い方ですが、見た方は御理解頂けると思います。
劇中で4曲(OP+劇中歌(2)+ED)流れるというのは、だいぶ多いですね。

冒頭でも記載した通り、オサレ映画だと思って見始めたため、
OPが流れた時はちょっとびっくりしました。それと同時に
あ、ちゃんとアニメだ。」と安心した部分でもあります。

楽曲は全て「RADWIMPS」が担当。※バンプじゃないよ。
どうやら新海監督がRADWINMPSの大ファンだったため
実現したタイアップのようです。

ちなみに劇中のBGMも全てRADWINMPSが担当。
上記4曲を含めると、20曲以上の曲を担当しているようです。

約2時間(120分)の長編作品のため、盛り上がり所で
曲を流すことが、視聴者を飽きさせない工夫でもあり、
この部分が一般の方にも受けた要因な気がします。

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

posted with amazlet at 16.09.13
RADWIMPS
Universal Music =music= (2016-08-24)
売り上げランキング: 4

ほどよいファンタジー要素

kiminonaha_160913 (5)

「君の名は。」予告 posted by 東宝MOVIEチャンネル

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、私個人としては
あ、思ったよりファンタジーものなんだ。」というのが初見の印象。
ただ、難解なものではなく、見ていれば理解できるものなので
誰でも楽しめる設定となっていました。

普段アニメを見ない人には、番狂わせ的な展開を素直に楽しめると思います。
アニメをよく見る人にとっては所々に伏線みたいな物があり、作中の矛盾点に
気付くとより楽しめる形となっており、それが2回目の視聴の楽しみに繋がると思います。

 

細かい所は気にするな!

kiminonaha_160913 (6)
「君の名は。」予告 posted by 東宝MOVIEチャンネル 

入れ替わって生活する中で、そんなにうまくいくか?とか、
日常生活や設定の細かい部分でツッコミたくなる部分が結構あります。

新海監督自身が、あんまり気にしていないのかもしれませんが、
まぁそこはアニメですし、”細かいことは気にするな!”が真実です。

 

パンチラがある。

kiminonaha_160913 (7)
「君の名は。」予告 posted by 東宝MOVIEチャンネル 

私は語れるほどの新海監督ファンではなく、むしろ”にわか”の部類ですが、
新海監督の作品にはパンチラなどのそういった要素はほぼない(描かれない)、
という認識だったので、今回はちょっと驚きました。
主人公なんてヒロインのおっぱい揉みまくってるし・・・。

誤解しないで欲しいのは、ラッキースケベ的なものではなく、私が覚えている
パンチラシーンは場面的に『そんなこと気にしてる状況か!』という緊迫した場面です。
そんなところまで目がいってしまうのはいオタクの悪いところですね(-_-;)

え?誰のパンチラかって?それは見てのお楽しみです。
あ、あとブラチラ(黒)もあるよ(´・ω・`)。

 

まとめ

過去の新海監督作品を知っている人からすると、全体を通して
一般向けも考慮している、という感じが否めない。

作品としては大変おもしろく、私自身はもう一回見たい!と思う作品ですが、
昔からの新海ファンにはちょっと大衆向け過ぎて賛否があるのかな?

私は新海監督作品の中では、一番好きかなぁ~。
切ないとか泣けると、それだけじゃなくてちゃんと「笑える」部分がある。
そして終わりはハッピーエンド。それでいいのよ。それがいいのよ。

さてさて、これでおっさんが言いたいことは全てです。
こういった記事を書くのは時間が掛かるし、なにせ文才がないので
読み難い思いますが、こういった『いい作品』に色んな人が触れることで
アニメに対する変な偏見が、少しでも少なくなることを願っております。

よろしければポチッとお願いします。

 

小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー (2016-06-18)
売り上げランキング: 1

AdSense_336px

AdSense_336px

-映画, アニメ
-, , , ,

Copyright© My,WebNote - 備忘録 - , 2017 AllRights Reserved